< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
※カテゴリー別のRSSです
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年04月19日

マガジン刻印 バトルアームズ編


マガジンに刻印を入れる事で銃を引き立てます!
AR刻印リストはこちらから。
http://suzutomo.militaryblog.jp/e845965.html
他のはお問い合わせくださいませ!





セラコート ネットショップ









Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/
  

Posted by suzutomo at 22:20Comments(0)製品

2017年04月16日

EWCルマン24時間耐久レース FCC TSR Honda 5位入賞!


オートバイ耐久の最高峰「ルマン24時間レース」が終わり、
鈴友SGTセラコート サーマルバリアーを施した#5 F.C.C. TSR Hondaが
完走して5位に入賞できました!





アラン・テシェのテスト走行時のアクシデントで少し不安でありましたが、
アルトゥロ・ティゾンが入り、ル・マンに挑む事になりました。





7位のポジションでスタート、ピットの入れ替えで3位まで上がり、
最終的に5位の入賞は2017EWCの通算ポイントでは大きいです。
サーマルバリアーもTSRの排出する熱に24時間も耐えたようで嬉しい限りです!
次は来月の19~20日、ドイツの Oscherslebenレース場で8時間バトル、
皆様ご声援よろしくお願い致します!






Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/
  

Posted by suzutomo at 23:56Comments(2)セラコート製品情報イベント

2017年04月16日

刻印とは

弊社鈴友(株)では100年近くを渡り徽章業に携わって、
上場大手含む数え切れない程の企業や官公庁のロゴもしくは
刻印の入った品物の製造から表面加工の経験を持ってます。
その歴史と経験の中で数々の鈴友職人から伝授された技術、思考、志などを込めて、
現在行っている刻印サービスの提供を行っています。

刻印とは何か?

刻印とは単に印をつけることだが、それが「ロゴ」、
特にブランドロゴとなると細かいところまで注意しなくてはなりません。
それは依頼主からの強い要望があっての事ですが、
一般の目では絶対と言っていい微妙な部分、
例えば線の太さや細さ、テーパリング、高低差、フォント、文字のトラッキング、
数え切れないほど注意点があり、神経質にもなります。
ブランドロゴは会社の「顔」であるからして、
数々の意図が含まれている事が多いです。
企業様のロゴ形成図面がマニュアル化されている場合も理由として
ロゴがブランドイメージに繋がり、そのイメージ(意図)を
伝わりやすくするため、またはユニーク差(独特性)を表現するためなのです。

現在でも増える一方の銃器メーカーで、
老舗ブランドのメーカーといえば「コルト」。

これは自分が手に持ったコルトの同じ画像ですが、
撮り方で刻印の印象が変化してしまう事を示そうとしています。
以前の投稿で色彩も画像では色々な設定と環境で違ってしまう
お話を紹介しましたが、刻印も同じなのであります。

また同じメーカーでも、刻印金型の彫刻師が多数いる中で全て同じで無く、
例えばコルトの場合、1911やARでも同じ時期、ロットの中でも
彫刻師の彫りの具合の違いがあるのです。
(コルト刻印の話も興味深いので、次回お話致しましょう。)

主要の刻印などは実際手に持って、触って、色々な角度からみて、
どのような作りで印を入れてあるかなど細かく調べて再現しています。
とはいえ、刻印も色々な製法を使っているので、
同じ製法を使わずとして全く同じとはいきませんが、
その製法の独特な仕上がり方などできるだけ忠実に作るのがポイントとなります。
ここら辺の話は企業秘密であり詳細なお話はできませんが、
刻印の意味、時期、その製法に似あった製造技術の開発など拘りと感性で日本の法律上、
手にできない銃器刻印の再現をお届けしています。



長年に増え続けているメーカーの刻印ライブラリも結構集まりました。


Civilianのフォルダには民間メーカーがまだ他にあったり、
コルトのフォルダにはARだけでも35種類以上のモデルを揃えています。
このようにライブラリにある弊社が製作した版下は無料で使用できますので、
その分コストと納期を削減できることができます。
刻印を埋めて入れ直す場合は、結構な手間をかけていますので少々お時間頂きますが、
余りにも他の業務に影響することで、廃止または価格を時間制に変更する検討もしています。
方向が決まり次第ご報告いたします。

刻印を単に入れますよと言う仕事と、メーカー刻印とはこう言う物ですよの違いをトイガン業界に広め、
これからも新しい技術と製品の研究開発を進めていますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。






Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

  

2017年04月12日

黒色の改良


黒色とは沢山の業界にとって一番と言って良いくらい大切な色である。
常に製品の向上が得られる機会があれば調合を変えて性能を良くしています。
今回はフラグシップである黒が大きく変わり、強度あって鏡面度がある
艶係数が高い黒となりました。
過去の黒と比べると画像の様にこんなに艶感が違っています。





鋳物基材の表面が凸凹であるのに関わらず、
反射までしています。





以前は鏡面出すのにクリアで仕上げていました。
2回の施工なので、一回で仕上げられるのには嬉しいニュースです。





ただ、こんなに色艶が変わってしまうと、
初めから調整が必要となり、大変です。
もちろん艶係数が上がったことによって、
今までできた色艶が同じ製品できなくなり、
他の品番を使う事になります。





プロが調整すると今まで通りの質感が得られます。
ロット製品を扱っている工場故に、
色質感の安定は命取りになるのですが、
しっかりした製品の知識と使用上の取り扱いを
熟知していれば問題ありません。
今回の艶係数が高くなった事で、
今までできなかった物ができる事になり、
また沢山の製品作りが可能になりました。






Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/
  

Posted by suzutomo at 11:24Comments(0)セラコート製品情報

2017年04月09日

ブローニング X-Bolt


ブローニング社は1960年前後からミロク製作所と交流を深め、
60年中頃に正式な契約を結び、レバーアクションのBL-22を
ミロクと共に市場へ売り出す開発を始めました。
ブローニング社はその時以降から高知県のミロク製作所に製造を委ね、
FNがブローニングの買収後もその関係を続けています。
このブローニングX Boltも日本で製造され、
セラコートも日本で施工した後、海外に輸出されている製品です。





灯りが暗いですが、バーントブロンズ色で仕上げてます。





源光が白熱灯だと黄色系のバーントブロンズは色深く輝きます。





灯りに当てるとメタリック調の色彩が出始めます。





リューポルドスコープもバーントブロンズに塗装され、
オプションとして販売されています。





今回のサンプリングで色々と判明した事があり、
量産に向けての対処法がまた広がりました。






Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/
  

2017年04月08日

UMAREX/VFC Walther PPQ


Umarex/VFC用のワルサーPPQの
サンプル制作。
各色で作ってみました。





前処理を施してからセラコートを施工して
その後に刻印を戻す作業です。
シルバーだと光の具合で白い文字が
目立ちませんね。





オラガバニストのアジャさんも同じ施しのご依頼頂き、
組み上がった完成品がこちらの画像となります。

他の角度からの画像を上げていますので、
是非「オラガバニスト」のミリブロページをご覧ください。
http://aja.militaryblog.jp/e841298.html

完成品はVFCお取り扱いのショップ様からご購入できると思います。





Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/


提携ショップのお問い合わせ窓口:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/



  

Posted by suzutomo at 15:45Comments(0)セラコート製品

2017年04月04日

Dun X Cerakote 眼鏡



福井県鯖江は日本のメガネ生産地。
そこで営む三工光学さんの今亡き社長が、
セラコートに逸早く眼鏡と良い相性でないのかと
私とメールのやり取りを返しつつ、
3ヶ月後にやっと会議が拓けた。
その1週間後に訃報の連絡が届き、
びっくりしてしまいました。
会長が社長に赴任して前社長の意思を引き継ぎ、
Dun X Cerakoteの眼鏡のコラボレーションが始まりました。



昨年の2017年度IOFT国際眼鏡展示会に
前社長の弔いともなった製品サンプルが出展され、
技術・機能部門で「アイウェア オブ ザ イヤー」を受賞。




著名人もブースに来られてくれました。

西内まりやさん。





広末涼子さん。






デザインも「セラコートだから銃器を意識」した作りで、
ハンドガンやライフルを思わす
セレーションやリブを入れたのである。




モデル2107
ここに投稿してある他にもカラーバリエーションがあります。
下記のリンクをご覧ください。

モデル2107/2108
http://www.sankokogaku.co.jp/data/product/267.pdf


モデル2108






モデル2109

モデル2109/2110
http://www.sankokogaku.co.jp/data/product/268.pdf


モデル2110

通常の塗料の場合、汗などで剥がれが起きたり、
傷が直ぐに入ったりするので
仕方がないと諦めていたところがあったのだが、
セラコートで新たな可能性を開いたと感じています。
お客様に長く、美しく愛用される製品を
お届けしたい一心で「より良いもの」に挑戦しました。



現社長と受賞の喜びを分かち合えました。
三輪社長、ありがとうございました。

株式会社 三工光学
http://www.sankokogaku.co.jp/

販売店舗
デゥアン X セラコート または Dun X Cerakote の検索でお求め頂けます。




Exclusive Distributor of All NIC Products
ASIAN CERTIFICATION & TRAINING CENTER

テーラリングお問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/


  

Posted by suzutomo at 12:29Comments(0)セラコート製品お知らせその他

2017年04月02日

セラコート真空トラベルマグ



銃器用セラコート真空トラベルマグです。
このロゴは今年から新しくなり、
銃入りのロゴはこれで終了です!




マグの大きさは450ml。
アイコスチャージャーと比較するとこの大きさになります。




蓋の飲み口は開閉式です。

数は在庫限りです。
在庫が品切れになった時点で
このデザインは終了いたします。
価格は期間限的で:
税込1,980円!

お求めは下記のメールアドレス、
✉email: sales@suzutomo.com

または電話での対応は以下の通りです。
よろしくお願い致します。
〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3571
Fax: (03)3834-3575


website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/



フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

  

Posted by suzutomo at 22:11Comments(0)セラコート製品

2017年03月31日

サーマルバリアー クリプテック エギゾースト



日々、色々と学んで研究開発もしています。
なんの素材にもメッキできる技法と材料。
レーザーでできる立体彫。
テフロン塗料。
セラミックプライマー。
そして、断熱剤のサーマルバリアー。






元々アンチサーモグラフィーとして開発したのですが、
民間仕様の断熱剤として活躍しています。
今、エキパイなどに施して輻射熱を低減、
ラジエーター液やエンジンなどの温度を下げる効果を持っています。
今回はそれをエキパイに施し、クリプテック模様をつけ、
世界初のクリプテックエキパイを作り上げました!






これは藤井謙汰選手用のエキパイで、
今年も去年施工したエキパイで現在は知っていますが、
それに変わって今年用のを新調しました。
ちょうどクリプテック模様がカウルから覗き出し、
彼のバイクをかっこよくアクセントしてくれそうです。

サーマルバリアーの効果は?
動画で検証してみてください。


今までなら絶対こんなこと、できませんでした。
エンジンの掛かった状態でエキパイを触るなんて
バイクを知っている方なら気狂いの行為としか思えないでしょうね。




サーマルバリアーやエキパイエンジン塗装などのお問い合わせはこちらからお願いします:
✉email: sales@suzutomo.com

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: www.cerakote-shop.com/

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

  

2016年08月01日

4時間耐久レースでのセラコート耐久テストまとめ

特に耐久レースとは製品にとって究極な環境イベントであり、
研究開発を進めるにあたって大切なデータ摂取と経験値を
得られる場でもある。

今回数年に渡って開発されてきたセラコートサーマルバリアーは、
論理上数値の中で行われてきた実地実験の段階を超え、
実際過酷な環境で使ってみての過程で試す段階に、
所謂、最終テストみたいなものでもあった。

4時間耐久を走るということは、
熱や振動など変化が常に起こっている状態で性能の範囲を見極める事ができる。
興味津々です。

まずは車両。
ホンダCBR600RR、4気筒エンジン。




























ここで依頼主のテルルレーシングチームはラジエーターの冷却水、クーラントを
下げたい要望がありました。

ラジエーターに放熱性の良い製品で施工するだけでなく、
それ以外にもぅ一つの問題としてエキゾーストパイプ(エキパイ)の設置が
ラジエーターの真後ろに非常に近い。
それによりエキパイからの熱を受けてしまうのである。

エキパイはサーマルバリアーで内外施工、
これにより熱を遮熱して、
周りに熱伝導をさせないようにした。

実際に熱線カメラで比較するとこんな感じになる。





































サーマルバリアーはこれ以上の遮熱率を持ち、
効果は数倍になる特殊セラミックを採用している。

4時間耐久レース観戦の中で感じたことは、
終盤でもパワーが全く落ちず、
逆に最高速度も上がって他車を追い抜いていった所が興味深い。

ライダーである中村兄弟からレース後話を聞くと、
水温はスタート時70℃後半、
最終でも82〜83℃と丁度いい温度で安定していたのだ。
ちなみに去年は90℃以上あったらしい。

レース後にマシンを目視すると全く変化が見受けられない。






























まずはエンジンとエキパイの繋ぎ目部分。

















































ここら辺が一番熱くなる所だが、
施工した時と変わりがない。


ラジエーターに一番近く接する場所。





















































今度は反対側。

















































こちらからも以上は見られない。

下部の方も問題ない。

















































カウルの取り付け時に着いた洗い落とせるスクラッチのみ程度。


集合管からマフラに繫ぐ部分。
集合管は4本のエキパイを一つに束ねる所。
ここも熱くなるのだが、何の変哲もない。

















































4時間ずっと走りっぱなしで問題が見受けられないので耐久テストは合格。
性能もライダーのレポートからして水温15℃下げられ、
期待以上の結果をだせたのは非常に嬉しい限りです。

もちろん、表彰台に立てた事もです。

この結果からサーマルバリアー ステルスの向上に役が立ちますね。

一般のサーマルバリアーの施工と販売は行っています。


お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: cerakotejapan.shop-pro.jp/
  

Posted by suzutomo at 08:33Comments(0)セラコート製品研究、勉学情報

2016年07月30日

セラコート・セラミック・クリア

セラコートとは色彩あるものだけでなく、
クリアもあるのをご存知でしたか?


右側の鏡面ステンレス板と比較して左側が同じ基材にクリアを掛けてます。
鏡面度は少し退けますが、気にするほどではないですね。

クリアには数種類の製品があり、
耐熱、非耐熱の常温乾燥タイプ。
そして焼付タイプがあります。

耐熱タイプにはセラミックが一番含まれており、
色々な性能が他に含まれています。



こちらは左側が鏡面ステンレス板で、
右側がセラミッククリアを施した同様の基材です。
水がつるんと撥水しています。



こちらは株式会社 三陽様が施工したカーボン ボンネット。
同じく撥水性能の効果が優れているのがわかります。


この様に摩擦抵抗が少ない性能も撥水性に関係しているのです。

それ以外にも耐容材薬剤の性能もある油性ペンなど弾き、
色々な製品との相性に効果が見込めます。



お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: cerakotejapan.shop-pro.jp/
  

Posted by suzutomo at 10:01セラコート製品

2016年07月28日

タナカS&W M360PD

タナカモデルワークスの田中社長と初めてお会いした印象が
まだ心に焼き付いている。
ちょい恐る恐るで緊張しましたが、人柄は優しく、
何よりまずは努力で苦労を乗り越えた職人さんだなぁと、
作り手として素晴らしい方です。
工場長や開発、他部門も彼の志が染み付いていて、
製品の品質が物語っていますね。
羨ましい限りです。

M40ベトナムが好評で次に持ちかけて頂いたのはこのM360シリーズ。
実物素材はチタン合金のシリンダーでスカンジウム合金のフレーム。

発火に耐えるセラコートですが、性能を与えるだけでなく、
リアルな質感を与え付加価値を高めることができるので、
その利点も採用した「本物のように仕立てる」依頼です。




























フレームの材質が違うため、色調整が難しいのが難点なのですが、
結果的に色も風具合も良くできて、いい仕上がりに仕立てました。






























シリンダーも傷つき難く、結構その点もユーザー様から評価いただいています。






























タナカモデルワークスの拘りも最高で、自社ロゴも隠れた場所に入れたりして、






























モデルガン、それも素材が樹脂だと全く思わせない程の素晴らしいできになっています。



お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: cerakotejapan.shop-pro.jp/

  

Posted by suzutomo at 07:45セラコート製品情報

2016年07月27日

ガン テーラリングと云う仕事

そもそも鉄砲を塗ると云う職業でなく
鉄砲を仕立てるという観点からの仕事で始めた事。

配線やモーター、ギア、その他鉄砲と関係ない事は
たくさんの遊戯銃エンジニアがおり、
それはそれで素晴らしい仕事をなさっている。

鉄砲とはなんだ、どんな感触か、メーカーの間の違いは、
どんな表現をしているか、設計と製造のくせや手法が
どんな形で表されているかなどの拘りを
玩具に同じような表現に近づける。

もちろん玩具なので限界はありますが。。。


さて、今日の一丁。今流行りのKrytacかな?
間違っていたらごめんなさい。




























コスタ ルーダス エディションに刻印を関連付け、
コスタグレイ色に仕立て上げられた逸品。





























コスタルーダスの刻印。



















































今日もたくさん上がったものが仕立て上げられました。
またのご依頼お待ちしております!

お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/


こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website:www.cerakote.jp
website:www.prismaticpowders.jp
webshop: cerakotejapan.shop-pro.jp/
  

2016年07月27日

工場改築完了のお知らせ

去年から始まった鈴友株式会社の本工場大規模増設改築が完了しました。

今まで2個の塗装ブースから5個のブースとなり、
大型乾燥炉も導入、計3台になりました。


塗装ブース等は都内環境局法令、条例に沿った作りになっており、
公害にも配慮した設備となっています。

新しく空調機も入れ替え、夏場の作業も、職人が作業しやすく、
そして何より製品が温度で悪影響されないよう考え抜いた設計となっています。




























溶剤塗装ブースも大型に特注製作、大きなものから小さなもの、量産にも最適化されています。






























粉体塗装ブースも新しく導入。こちらではパウダーコートもセラコートも両方兼用。
必要に応じて作業ができます。



















































今回、LED灯に全部変えました。こちらは日本で一番眩しいとされる光LEDシステム社開発の大型外照用照明器具。
超まぶしいです!






























そしてこれも特注製作した大型乾燥炉。
通常このサイズ辺りだと400万円以上しますが、弊社ではなんと税込1,998,000円。発注製作となります。
今月までにお買い上げ頂くと、価格は税込1,728,000円とお買い得!
詳細
・内側寸法が幅1650X奥1785X高1850とバイクフレーム2〜4個入ります。
・外寸 幅1930X奥1905X高2710
・電気乾燥炉 3000W
・タッチパネル式コントローラー
・ガラスウールも50mm厚と海外製より沢山詰めてありますので、断熱効果も抜群、熱を逃がさず光熱費も節約。
・扉は観音開き、炉も床置きタイプでワーク搬出入がラクです。
 *床にはガラスウールが敷かれますがラックのホイールが大きければ出し入れ問題ありません。
・安全装置も充実、ブレーカー、サーマルリレー、異常加熱防止装置、換気口、感震装置(地震用停止装置)が設備されてます。
・国産品































一斗缶と比較すると、一斗缶が凄く小さく見えてしまいます。






























ラックは別売り。大量の数が一度に焼き上げることができます。大きい製品も量産OK。



















































3000Wあるので目標温度達成まで10〜15分。このようにラックごと乾燥炉に入れ、作業効率が瞬く間に向上します。

この体制ですと、塗装だけなら2週間のスパン頂ければ作業が完了できます。
塗料が在庫にない場合、1〜2週間追加に必要となる場合があります。

他の作業、刻印込みですと3〜4週間、埋めて刻印入れ直しは内容にもよりますが、
1ヶ月以上は掛かります。

直接のお取引もお承りしています。
受付も新設したので、お気軽にお越しくださいませ!


お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

パウダーコート紹介ページ:https://www.facebook.com/prismaticjapan/

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
website: www.cerakote.jp
website: www.prismaticpowders.jp
webshop: cerakotejapan.shop-pro.jp/

  

2016年07月25日

鈴友セラコート サーマルバリアー



















































鈴友オリジナルのセラコート、SGTシリーズ・サーマルバリアー TB-201は
色々な方々にテストをして頂き、今では鈴鹿8耐などに出場する
トップチームにも採用されています。

もちろん、今年鈴友(株)のスポンサード、テルル・レーシングチームも
高い評価を得て使われているのですが、もともとこのサーマルバリアーとは
サーマルスコープから発見をされないために開発された製品です。

そもそも暗視光学機器に対してのステルスコーティングはあるのですが、
いかに赤外線探知機器からステルス性能を見出すかが陸自からの依頼でもあり、
軍用転移できるのは一般販売しておりませんが、SGTシリーズは民間用で
一般販売されております。

SGTシリーズ セラコート サーマルバリアー
熱源:2時間の直射日光に当て測定
気温28.6℃
基材:ダンボール
・基材表面@45.1℃ (気温と実質温度差16.5℃)
・基材裏面のみ@39.4℃ 
(表面/気温と実質温度差10.8℃)
・基材裏にインスルコート表面@33.7℃ 
(基材裏面と実質温度差5.7℃ 52.7%遮熱)
・基材裏にサーマルバリアー表面@30.9℃ 
(基材裏面と実質温度差8.5℃ 78.7%遮熱)
温度が高くなるほど温度差も出ます。

余談ですが、5月26日実験日、気象庁の観測最高温度は30.9℃でした。
気温は簡易的な温度計で測ったので、もしかしたら遮熱率100%かもしれませんですね。

民間仕様でもこれだけ遮熱できてます。
通常数百度あるマフラーやエキパイですが。。。



ナイトゲームにと考えている最中、服装や人体直接は無理なので、
何がいいかな?と。。。
色々使う用途はあるのですが、サバゲーとなるとヘルメットなどでしょうかね?

お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

セラコートWebShop:http://cerakotejapan.shop-pro.jp/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com


  

Posted by suzutomo at 23:38セラコート製品お知らせ

2016年07月17日

コルトAR火薬認証 

お久しぶりです!
皆様もこの夏元気にお過ごしでしょうか?

弊社もメーカー様やらショップ様、個人様からのご依頼で
毎日忙しく仕事させて頂き、誠に感謝申し上げます。

数ヶ月前でしょうかね、某組合の勉強会で企業繁栄セミナーが開催され、
時間調整ができたので参加して参りました。

そのセミナーの中で一つの会話が、
「商売が上手くいかないのなら、
上手くやってる企業の真似をしなさい」
とちょっとびっくり。

日本も中華に成り下がる?
まぁそういうものなのでしょうかね?

それはさて置き、今回の課題はコルトARの火薬認証。
下の画像みたいな刻印をアッパーやバレルに見た事ないでしょうか?



1911にもたまにあるのが見かけた事ありますが、
ベトナム時代のM16系ARによく打刻されていました。
無いものも実在するそうですが、本当かどうかは
分からないです。

4年前にコルト社工場を見学させて頂いた時、
M4アッパーにVP刻印が付いてた物を見せてもらいました。
いや、たまたま付いていたのか、何せそれ以外、
民間品、官給品など付いているものが確認されてないのです。

以前お問い合わせで「官給品のみに火薬認証が刻印されている」と
聞かされたお客様がいたみたいで、少し謎めきましたね。

私が目視したM4を弊社で再現していますが、
あとはフェイスブックの方で!




火薬認証を入れたい方、
入れたくない方はお申し出ください!
よろしくお願いいたします!


お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com

  

Posted by suzutomo at 10:03製品情報

2016年01月18日

SGT VFC/PTW/TM RAHG ハンドガード 予約受付開始中!

お久しぶりです!
今年もよろしくお願い致します。



SGT 新製品の紹介です。

SGT HK416 10.4in DEVGRUレイル (ハードアルマイトBlack)
型番:SGT-HG-DVG104-BLK
定価:¥29,800-

SGT HK416 10.4in DEVGRUレイル (セラコートTAN)
型番:SGT-HG-DVG104-TAN
定価:¥29,800-

Umarex HK416 AEG/GBB、SGT PTW416、マルイHK416(バレルナット別売)に使用可能。
US SOCOMがDEVGRUの為に発注したモデルを2012年の入札番号H92244-12-T-0213に基づきリアルに再現。
指定色”30118”TANカラーセラコートデブグルバージョンと、Blackハードアルマイトバージョンの2種類。


実際の納入タイプの実物はこちら。


入札番号H92244-12-T-0213
USSOCOMがNSWDG(通称DEVGRU)ように求め、納品されたHK416用レミントンハンドガードです。色の指定も記載されていますね。


現行モデルはこのタイプですが、


その前に販売された納入バージョンは溝が少し手前までしか掘られていません。(上の画像を参考)



期間限定で予約販売中のタンは実際納入された赤外線熱紋管理された(IR対応)のバージョンを選べます。
予約販売の詳細はこちらからです。

SGT ラーグ ハンドガード予約受付開始!税別定価29800円ですが、予約期間中は国内の方々に1割値引き、又はタン色IR対応の実デブグル版を一番初めにお渡し致します!タン色IR対応版は予約期間中のみの限定品となります。予約はsales@...

Posted by Suzutomo Gun Tailoring - SGT Products on 2016年1月15日


お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
  

Posted by suzutomo at 08:02製品

2015年03月14日

SGT製システマ用Rainier Arms 45度セレクターレシーバー





以前、中華製のシステマ用「レニアーアームズ」削り出しレシーバーの刻印が間違っていた為、
修正したいとご要望がお客様からあったのですが。。。

中華製のロアを修正するよりもそれをヤフオクで手放し
Suzutomo Gun Tailoring (SGT)製M4ロアを使って製作しなおした方が良いと結論になり、
こちらを作り上げました。




RAINIER ARMSの文字部分が中華製と違い、そちらを修正。
そして鈴友株式会社開発の立体彫りを施して、如何にも実際の刻印の質感を表しています。

その製作の過程でこの45度セレクターレシーバーも作ったのですが、
さて。。。45度セレクター、どうしようかな?。。。
時間あった時に作るか。。。的に眠ってました。





月日が経ち、ある日ドラゴンフォースのラッキーくんが「これ探してました」と言うので、
お譲りし昨晩ショップへ立ち寄った時、なんと。。。!



ハンドガードは変わるそうですが、いい感じに組み上がってました。
いつも皆様の仕上がりを見るのが本当に楽しみです!

Dragon Force  ドラゴンフォース
http://www.dragon-force.jp/


お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com  

Posted by suzutomo at 16:19セラコート製品

2015年03月12日

SGT PTW M27 w/Geissele SMR





SGT製システマ用M27にお客様のご要望でガイズリーハンドガードを装着。

ストックは借り物です。最終的にはダニエルのFDEストックが付くらしいです。

こんなのもありかなぁ〜と、お客様は他の人が持ってない設定として組み合わせてみました。




お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
  

Posted by suzutomo at 23:04セラコート製品

2015年03月12日

SGT PTW削り出しM4レシーバーを使ってSPRを組まれました




海外のお客様からメールと画像を頂き、早速フェイスブックの方で投稿致しました。
SGT製のM4A1レシーバーで組み上げたSPR (Special Purpose Rifle)、またはMk 12。
PRIのハンドガードにColt N CARのストックなど希少パーツを取り付けておられます。
ここまでパーツ類を揃えられたるのは流石が海外ならではですね〜

Mk12(mod0、mod1)とは米海軍のNSWクレーン部門が編み出したSOCOM部隊用のライフルです。
2001年からのアフガン戦争、Operation Enduring Freedomと
2003年からのイラク戦争、Operation Iraqi Freedomで2002年から実際に使用され始めました。
Mk12はSOPMOD Block II企画とレーシーライフル企画の拡張といわれてます。



お問い合わせ:
✉email: sales@suzutomo.com

お問い合わせ:
提携ショップリストはこちらです。http://suzutomo.militaryblog.jp/e457335.html

フェイスブックリンク(閲覧にフェイスブック登録は必要ありません)
facebook鈴友(株)ページ: www.facebook.com/SuzutomoCompanyLtd

facebook製品ページ: www.facebook.com/SGT.products

セラコート紹介ページ: https://www.facebook.com/cerakotejapan

こちらはフェイスブック登録が必須です
セラコートオフィシャルスレ:https://www.facebook.com/groups/cerakote/

〶110-0016 東京都台東区台東2-31-11
☏Tel: (03)3834-3572
Fax: (03)3834-3575
website: www.suzutomo.com
  

Posted by suzutomo at 11:40セラコート製品